早めの対処が必要|危険なハチ退治は刺されてからでは遅い:プロに相談を

危険なハチ退治は刺されてからでは遅い:プロに相談を

紳士

早めの対処が必要

南京虫

家の中で特に虫の気配を感じないのに、いつのまにか体の至る所に噛まれた跡があるそんなことはないですか。もしそういった状況なら南京虫が原因となっている可能性が考えられます。南京虫は別名トコジラミとも呼ばれ、日本全国に分布が確認されているようです。体長は幼虫のころは1ミリから2ミリ程度ですが、脱皮することで成長を繰り返し成虫になると5ミリ以上になります。動きは機敏でなかなか捉えづらいのも厄介です。また、噛まれると吸血されるとともにかゆみを伴います。1日に数個の卵を産み、1週間ほどでふ化することから増殖ペースはとても速いのです。場合によっては感染症やアレルギーの症状を惹き起こしたりするので、南京虫駆除に取り組むのは大切です。

南京虫駆除には業者に依頼する方法と自身で行なう方法の2パターンがあります。南京虫駆除業者を利用すればあらゆる知識や手法などを持ち合わせているため、解決への近道となるでしょう。特に南京虫の発生経路の大本と考えられているホテルや旅館など大型施設の場合には業者に依頼するのが確実です。南京虫駆除の作業内容としては、痕跡などを追いながら生息箇所を突き止め卵から成虫まで特殊なバキュームで吸い取っていきます。目視できない内部へのアプローチも需要で冷却剤などを噴き付け徹底駆除するとよいでしょう。仕上げは薬剤などを塗布し再発生を防止するようです。南京虫は中々しつこいことから、多くの業者では保証期間を長く設けて安心を提供しています。